駄犬のお遊戯

このブログでは遊戯王を心の底から楽しむ駄犬ことパピヨンがコンボの考案やデッキの紹介、雑談等を中心につらつらと語っていくブログです!

【雑談】名前をつけるということ

 

ご挨拶

皆さん、こんにちは!
遊戯王の新弾、デッキパーツ購入、スリーブ購入、そしてFGOの水着課金、人権アルトリアへの課金、大好きな酒呑童子へのk...(ry
と慌ただしい夏が過ぎ去り、涼しさとともにお財布も心なしかスッキリしているように感じています、パピヨンです🐶
僕「おぉ、財布じゃないか!ん…?少し痩せたか?」
全く、どうしてお金は減るのでしょうか。
※使うからですね。でも課金も家賃まではセーフ(アウト寄り)って聞いたことがある。


f:id:murajunsub:20200920124453j:image


とはいえそうも言ってられなくなるのが社会人のつらいところ。。
もし大学生の読者様がいらっしゃったら毎月少しずつでも良いので貯金などして、堅実なやりくりを今の内から行なう練習をしておくことをおすすめします!
でないと社会に出てアルバイトのときとは比べ物にならない金額をもらってしまい金銭感覚が狂ってしまいがちになるのでね…(実体験)


f:id:murajunsub:20200920124630j:image
もしかしなくても、オタクに難しいのは"恋"より"財政管理"なのかもしれないですね…

皆さん本当に貯金はした方がいいですよ、月1万円でも確実にためておくと必要なでかい買い物への心配もいらないし、それこそ彼女や大事な人と出来る事も還元できる内容も夢が膨らみますし、将来何が起こるかは誰もわかりませんからね(`・ω・´)

かくいう自分も貯金し始めたのは転職など経て最近になりますが、もっと早く始めていれば…と後悔して止みません。ただ生活に余裕も出てきたので最近はふるさと納税がかなりお得だと知ったのでやってみようと思います!

自粛ムードの年だからこそ、GOTOで旅行に行けなくても全国の美味しいものは食べれますので、是非お試しあれ…(なお、すすめてる人間がまだ納税先は決めかねている模様)
北海道のカニか高級牛で迷っています…🦀🐂

 

さて、本題に入るまで長引きましたが、今回はデッキ紹介でも新弾のテーマ考察でもなく雑談です!


決して紹介記事が面倒だから…とか、さぼっているわけではございません!!(大声)


ズバリ、今回はデッキの「名前」についてのお話です!


デッキに名前をつけているか

f:id:murajunsub:20200920125833j:image

昨今では様々な遊戯王対戦動画やブログでの紹介などで、多くのデッキを目にする機会があることと思われます。その中でそれぞれのデッキに名前を付けている方も珍しくないでしょう。
丹精込めて作り上げたデッキを一つの作品としてとらえて名付けるという人もいれば、ともに決闘(デュエル)を闘う相棒として名前を授けるという方もおり、名前の付け方は様々でしょう。
小学生のころであれば、「一軍」「二軍」などと極端に分けていたかもしれませんが、今となってはそこまで簡単な括りでまとめれない人の方が多いかと思われます。
(小学生の頃の僕、お前は15年後に今持ってる10倍以上はデッキを組んでいるぞ…)

 

デッキ名はどうやってつけてる?

これに関しては皆さんのこだわりが垣間見える部分だと思うのですが、今回は僕が個人的に心に刺さるポイント(性癖)をいくつか挙げていこうと思います。
※あくまで個人的な性癖(言っちゃったよ…)になりますので、下記に該当しないものが良くない!と決めつける内容ではございませんので、ご理解のほどよろしくお願い致します。


➀単純な足し算でない
→カテゴリ名を足しただけの名前、いわゆる大会環境内で紹介される時の名前のイメージなどが一番わかりやすいと思います!(ドラゴンリンク、エルドリッチドラグーン、叢雲ダイーザ等…)

それらよりは各要素の足し算にするなら、組み合わせている内容から連想するワードを繋ぎ合わせるようなデッキ名は特に痺れますね!
具体例でいうと《ミソのデュエルのミソ》のミソさんの「Sweet Revenge」は一度聞いて忘れられないくらい強烈に頭に残っています。

②漫画やアニメ、小説、史実などが題材に絡んでいるもの

→これが1番のお気に入りポイントかもしれません。なにせオタクなものでデッキ名にそういった要素を出されるとひじょ~~~~ぅに目が無い。

f:id:murajunsub:20200920130210j:image

まじで、いらすとやなんでも揃ってんな…


最近であれば《ミソのデュエルのミソ》のドリルフィールドさんの仮面のメイドガイ《OTKGC》のガユスさんの容疑者Xの献身などはもろタイプですね!
デッキの内容もさることながら、名前までおしゃれにまとめ上げるあたり流石です。

➂デッキの内容とリンクしている
→これはある意味デッキが名を冠している時点で既に当然組み込まれてるかと思われますが、「名は体を表す」という言葉にもあるようにその名を冠した理由がデッキ紹介するときに言える内容かどうかというところですね。

 

以上がデッキ名という要素の中での個人的な性癖です。

 

f:id:murajunsub:20200920132649j:plain

「洒落たデッキ名って興奮するよな」「間違いないね」

 

以上の内容を含めて、僕が今まで出会った大好きなデッキ名を(勝手に)紹介していこうと思います!

主に好んで視聴している動画チャンネル内で紹介されている内容、Twitter等で確認して印象に残っているものを中心に記載していきますので、視野の狭さゆえにまだまだ知らないデッキ名が多くあると思います。
それについては読者の皆さんに「~ってデッキ名おしゃれじゃないですか?」「〇〇さんのデッキそれっぽいのばっかりですよ~」「」など様々な内容を教えていただきたいです!

最早、やってることは他人のデッキ紹介になってるな…

 

それでは 動画チャンネル、作成者、デッキ名でまとめていきますのでよろしくお願い致します!

f:id:murajunsub:20200920133103j:plain

この見切り発車感の記事内容に…

 

個人的お洒落デッキ名5選

 

※サムネイル画像の利用、リンクの掲載など許可をいただいております。

 

①デッキ名:Sweet Revenge

動画チャンネル:ミソのデュエルのミソ

作成者:ミソさん(敬称は略さないスタイル)

f:id:murajunsub:20200926184855j:image
英語使うとかカッコよさ狙いすぎちゃう?と思うのもつかの間、動画で対戦の動きなど見ると「これはSweetRevengeですわ、、、」と納得せざるを得ない内容です。
詳しくはデッキ紹介動画へGO!! ⇒ https://youtu.be/8zkf83gnBmg

 

②デッキ名:ウィンチェスターハウス

動画チャンネル:ミソのデュエルのミソ

作成者:ドリルフィールドさん

f:id:murajunsub:20200926184901j:image
「ウィンチェスターハウス」ってそもそも何?って思った方はぜひお調べください。
その内容も含めて、デッキを見ると文字の情報以上に魅力的に表現できていると思いました。
詳しくはデッキ紹介動画へGO!! ⇒ https://youtu.be/mTSPDQIC6Y8

 

③デッキ名:ミカヅキノヤイバ

動画チャンネル:OCGch175

作成者:175さん

f:id:murajunsub:20200926202812j:image

カタカナ表記もしゅてき…デッキ名もかっこいいですが、主軸となるモンスターに衝撃を受けました!このモンスターをどう活かしていくのかという点に着目していくと構築の幅が広がりました!
詳しくはデッキ紹介動画へGO!! ⇒ https://youtu.be/uQ7hiu9SVEM

 

④デッキ名:蛇に見えたか利根川

動画チャンネル:城下町デュエル

作成者:バチカンさん

f:id:murajunsub:20200926184938j:image 

→大学生までを経験した誰もが一度は「カイジ」の物真似に立ち会ったことある説~~
カイジの代表的な名シーンの一つでもある利根川との決戦…今でもあの興奮を思い出せます。このデッキ名は正直、同じ構築をしたとして「誰も思いつかないだろ!!!いい加減にしろ!!!天才かよ!!!」と半ば切れ気味に称賛せざるを得ない個人的独創性ナンバーワンのデッキ名です。

詳しくは対戦動画へGO!! ⇒ https://youtu.be/j0s92A6r21Q

 

⑤デッキ名:メンヘラネットワーク

動画チャンネル:バキューン決闘

作成者:さとっぴさん

f:id:murajunsub:20200926184946j:image

サムネイル画像からも漂う不穏な雰囲気…デッキ名がより一層際立たせているように感じてなりません。
不穏な雰囲気を醸し出しながらも、コンボの果てに出てくるのは夢と希望の詰まったシューティング・クェーサー…いったい何をどうしたらこうなるんだ????
その答えは動画の中にある。
詳しくはデッキ紹介動画へGO!! ⇒ https://youtu.be/BCyr6c3w0Xg

 

以上です。

どれも一筋縄では思いつかないようなユーモアや言葉のチョイスで構成されているものばかりで、惚れ惚れします(*´˘`*)

勿論、デッキのクオリティも素晴らしいです!
作成した皆さんが実際に紹介している各デッキ紹介動画、または動きを確認出来る対戦動画のいずれかのURLを載せていますので、デッキの内容などの詳細はそちらをチェックしてみてください!
※重ねてではありますが、あくまで数多ある選りすぐりのデッキの中から個人的なお気に入りを挙げておりますので、ご容赦ください。

 

名前に言及した訳

 

今回はデッキ構築ではなくデッキ名という所に着目してお話を進めて行きました。

そもそも何故今回の記事を書こうとしたかについてですが、端的に申し上げるとデッキ名を付ける人が増えればより界隈は盛り上がるんじゃないかな~と思ったからです!

今年はオフ会なども自粛される1年になっていますが、Twitterなどで知り合うという方も少なくないと思います。
かくいう僕自身も現状、Twitter内で絡んでいただいている方と直接対話したことない人がほとんどです。

遊戯王〟という同じ趣味の情報からつながった一期一会の縁で巡り会った方々ばかりですが、いつか相見えたいと常に思い続けています。

f:id:murajunsub:20200925220723p:image

その時に「あ、あなたは◯◯◯(デッキ名)のパピヨンさん!?」「そういうあなたはかの有名な◯◯◯(デッキ名)の◯◯◯さん!?」というようにデッキがその人の代名詞になった時、コミュニケーションはより円滑に働くと思うんです。

 

そして何よりデッキを作ったときにそのデッキに対しての愛着が湧いたり、いつも以上の力を発揮してくれそうな感じがします!(オカルト)

 

BLEACHで兵主部一兵衛(和尚)も言ってましたね…

f:id:murajunsub:20200925232659j:image

 

 

 

そして何より…

 

かっこよくない??????(核心) 

 

 

デッキ名を付けるという行為は、ちょっとばっかし恥ずかしく感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、やはり愛着を持ってデッキを作る、作ったデッキをチューニングしていくこことで相棒を育て上げることは有意義な時間と呼べるのではないかと思っています( ᵕᴗᵕ )


f:id:murajunsub:20200925233124j:image

f:id:murajunsub:20200925233120j:image

f:id:murajunsub:20200925233115j:image

アリガトウ…オレノデッキ…

 

おわりに

本日はデッキ名についてお話をすすめた雑談になってしまいましたが、いかがでしたか?

普段のデッキ紹介などと比べると物足りない内容だったかもしれませんが、自分は上記で記載しているように色んな漫画のタイトルや史実などのネタから1番合ってる名前を模索しています。今のところ、自分で組んだ中ではお洒落とかカッコイイとかセンスの良さは皆無ですがセンセイ君主とかは呼びやすいし、愛着のある名前かなと思ってます( ᵕᴗᵕ )

 

papiyondaken.hatenablog.com

 

 

皆さんのデッキ名も色々知りたいです!

それぞれのデッキ名を名刺代わりにして交流も広げてみたいですね!

f:id:murajunsub:20200925234600j:image

 

 

P.S.

有難いことに遊戯王を取り扱う諸先輩方のブログと相互リンクさせていただきました!

新米の僕としてはおんぶにだっこする形にはなりますが、遊戯王界隈を盛り上げれるよう今後も頑張って参ります!

 

※ブログへのコメントが出来ない状況が続いていました🙇もう改善しましたので記事内で気になったことや指摘、感想なども含め何かお伝えしたいことがございましたら、なんでもご遠慮なくお伝え下さい✧٩( 'ᴗ' )و✧

f:id:murajunsub:20200925235624p:image

【考察】ドライトロンの私的活用術

 

ご挨拶

皆さん、こんにちは!

夏が終わりましたが、お口は未だに爽快感のあるスッキリとした味わいを求めがちです。

なので好きなお酒はモヒートとジントニックパピヨンです🐶(お酒大好き元バーテンなのでカクテル寄りになりがち…)

※というか酒と名のついたものはなんでも飲む

BARめぐりも趣味でしていたのですが、夜分遅い職種になってからはからっきし…また再開したいものです🍶🍷🍸🍹

もう夕方には早い時間で辺りが暗くなるなど、すっかり秋だなと感じるようになりました!

肌寒くなると鍋を定期的に食べたくなってしまうのですが、友人の行きつけの店で気分屋の大将がやってる居酒屋で食べた日本酒+カニ鍋が忘れられない…

🦀<こいついつも何か食べたいって言ってんな

今年は自分でやってみようかしら…

うん、無理だね。大人しく遊戯王しとくか!

 

f:id:murajunsub:20200919100412j:image

 

星列に眠る記憶、覚醒(めざめ)の刻ー。

※こういうカテゴリのキャッチコピーというか、煽り文?がとっっっても好き。

さて、今回はデッキビルドパック・ジェネシスインパクターズに収録されたドライトロンのデッキを考案していきます!(デッキ紹介ではない←)

発売前より発売後に一気に界隈をざわつかせており、皆さん様々な構築イメージが湧いているかもしれませんが今回は僕が考えてるいくつかの軸に合わせて解説をするようなイメージです!

f:id:murajunsub:20200916023835p:image

完全な形のデッキ紹介ではないですが、半分お悩み相談室のような部分がありますので、どうか御容赦くださいm(_ _)m

f:id:murajunsub:20200919095343j:image
f:id:murajunsub:20200919095346j:image

にしてもカッコイイな、この2体…

そういえば1点気になることが、、、

《竜輝巧-ファフニールのイラストに描かれてるモンスターって今回登場してないみたいですが、果たして次弾以降の強化で新たなモンスターが生まれるのでしょうか?はたまた《超量機艦マグナキャリア》のような一拠点に過ぎないのでしょうか?


f:id:murajunsub:20200919233411j:image

f:id:murajunsub:20200919233417j:image



《超量機神剣ーマグナスレイヤー》《超量機獣ラスターレックス》が映り込んでた(と信じたい)ような前例があるだけに、気になるところです!

f:id:murajunsub:20200919102957j:imagef:id:murajunsub:20200919103001j:image

 

 

ドライトロンデッキを作ろう!

上記でもデッキの草案がいくつかあるとお伝えしましたが、1つずつやりたいことやギミックを紹介していこうと思います!

 

ドライトロンの特徴

ドライトロンの大きな特徴といってはやはり、攻撃力参照の儀式テーマというところですかね?今までのようにレベルを計算する必要がないというのは斬新ですし儀式魔法の《流星輝巧群》については機械族さえリリースすればあらゆる儀式モンスターを手札墓地から儀式召喚できることも大きな特徴といえます。

そして儀式素材のレベルが2以下の場合、追加効果を得るのですが、この裁定ではエクシーズモンスターリンクモンスターを素材とすればレベルは2以下ということで問題なく適用出来るようです!他カテゴリとの共存を大きく進展させる裁定になりましたね!

上記の内容も加味して、純構築以外の構築を行うなら他儀式テーマや機械族テーマと合わせたりするのがいいかな〜と思いつついくつか考えてる候補をまとめます!

 

デッキ構想

 

①ドライトロン+無限起動

ドライトロンと合わせて種族シナジー優先で機械族で構成を考えた時に、エクシーズやリンクの展開がしやすく攻撃力も確保しやすい無限起動であれば、相性が良いのではと思い考えました!また《竜儀巧-メテオニス=DRA》の起動効果を発動するために墓地から除外する攻撃力4000の組み合わせも無限起動モンスターなら対応できるので(1800+2200・1900+2100・4000など)それも噛み合うのではと思っています。


f:id:murajunsub:20200919110828j:image

f:id:murajunsub:20200919110835j:image

f:id:murajunsub:20200919110831j:image

f:id:murajunsub:20200919110823j:image



大まかな動きとしては無限起動を中心にエクシーズリンクモンスターを展開して、上級儀式の2種類《竜儀巧-メテオニス=QUA》《竜儀巧-メテオニス=DRA》儀式召喚するという流れです!

取り組むべき課題としては、無限起動の1部効果に特殊召喚に機械族地属性の縛りがついてしまうので、タイミングなど考えながら展開していく必要があります。

この召喚制限を考えたらやっぱりやめとくか…と思っても無限起動から《機巧狐-宇迦之御魂稲荷》をサーチできて、《竜儀巧-メテオニス=DRA》《竜儀巧-メテオニス=QUA》のサーチも繋げれる動きが好きなので組み込みたい気持ちのせめぎあい…むむむ( ˘•ω•˘ )


f:id:murajunsub:20200919233634j:image

f:id:murajunsub:20200919233637j:image



②ドライトロン+パーシアス

ドライトロンのカテゴリ内にしれっと紛れてる汎用カウンター罠である《ドライトロン流星群》を使い回すことを軸とした構想です。

天使族儀式テーマ(サイバーエンジェル、デクレアラーなど)と組み合わせつつ、カウンター罠を中心に相手の特殊召喚や魔法罠を封じながら、パーミッションに近しい動きを想定しています。なかなか結びつきにくい内容になっていると思われるので、これは是非とも実現してみたいですが、さてどうしていくか…


f:id:murajunsub:20200919110015j:image

f:id:murajunsub:20200919110012j:image

f:id:murajunsub:20200919110019j:image

 

《天空聖騎士アークパーシアス》やドライトロンカードでサーチした《ドライトロン流星群》を発動→《パーシアスの神域》でトップに戻すの動きは簡単なので、あとはドローの手段を考案していけば形にはなりそうです。

ドラグマ主体で展開し、エクストラデッキから《虹色の宣告者》を墓地に送り儀式関連カードをサーチしていく動きも合わせれば神域の効果も発動しやすくなりますし《虹色の宣告者》を何度も使うことが出来るのでなかなか良い動きになりそうです!(あ、デッキ出来るわこれ…)


f:id:murajunsub:20200919114520j:image

f:id:murajunsub:20200919114557j:image

f:id:murajunsub:20200919114554j:image

f:id:murajunsub:20200919114549j:image

f:id:murajunsub:20200919114600j:image



 

③ドライトロン+メガリ

前回の記事でも触れたガリです。

 

papiyondaken.hatenablog.com

 

もう大好きすぎるとはいえ、それこそ固定観念にならないよう注意したいところですが、こちらについては追加効果などはあまり狙わずに(ドライトロンは素の打点が高いテーマなので)儀式の安定性を上げる目的で検討しています。

儀式魔法だけに頼らずメガリスを用いて能動的に儀式していくことが主な動きになります。

ガリスはレベルは4と8で構成されているので、レベル12のメテオニス2種類を出すのも苦労はありませんので相性の良さがうかがえます(((o( ˙꒳​˙ )o)))

余る枠については《トラップ・トリック》などで《リチュアル・バスター》などの儀式召喚成功時に発動できる強力カードも含め様々な罠を使い妨害しつつ自陣は安定して盤面を固めていくというのが大まかな勝ち筋になりそうです。

f:id:murajunsub:20200919115106j:image

僕が思うトップクラスの防御カード(前回記事でも紹介)です。というか「ドライトロン」も含めてフリー対戦で儀式ミラーになる可能性も高くなってますし、普通に採用してよさげですねこやつ(※なんと相手の儀式にも反応)

 

④ドライトロン+サイバードラゴン

通常召喚できない特性を利用して「ドライトロン」モンスターを《モンスターゲート》などで墓地に肥やしてどういう風に使おうかと考えた時に下記のコンボを思いつきまして…


f:id:murajunsub:20200919095011j:image

f:id:murajunsub:20200919095004j:image

f:id:murajunsub:20200919095007j:image

f:id:murajunsub:20200919095000j:image

 

要するに、ほぼ純構築の内容にサイバードラゴンを組み込んで、融合をしやすくしようという狙いです!

いわゆる「推理ゲート」と呼ばれるギミックで大量の墓地肥やしは行いますが、ドライトロン下級モンスターの効果を発動しないのであれば、この効果を発動するターン、自分は通常召喚できないモンスターしか特殊召喚できない。

という共通の縛りも一切関係ないですし、利用しやすそうだな、と感じました!

《エマージェンシー・サイバー》も元々は「サイバー・ドラゴン」のサポートカードとして登場してましたしねᕙ( ˙-˙ )ᕗ

まぁこれについては「組み合わせたところでワンキルの火力が上がるだけやんけ!」というツッコミ待ちの内容になるので、主軸としてではなく困った時の最後の切り札的なギミックとしてこういうことも出来るよ枠として組み込みたいですね〜

 

⑤ドライトロン+ヌメロン

正直、最初にドライトロンの情報が出た時に下級がレベル1テーマという情報を目にして「あれ?ヌメロン素出しできるのでは?」と考え始めたのがきっかけですね。

ドライトロンと組み合わせたとしても特段枠を取るカードも無いですし、フィールド魔法こそ重なってしまいますが、《盆回し》テラフォーミングメタバースなどのフィールド魔法サーチカードを利用してどちらかの動きが確実に出来るようになればデッキとしての安定性も向上するでしょう。

種族も機械族、攻撃力は1000の倍数で構成されており儀式の際の計算は楽!

仮に《ヌメロン・ダイレクト》を発動したあとに残された特殊召喚の回数を利用して儀式召喚するというお洒落(?)ムーブをかますこともできます!


f:id:murajunsub:20200919105855j:image

f:id:murajunsub:20200919105902j:image

f:id:murajunsub:20200919105912j:image

f:id:murajunsub:20200919105858j:image

f:id:murajunsub:20200919105905j:image

f:id:murajunsub:20200919105908j:image

 

以上が今のところ構築を考えてるいくつかのパターンです!これらをいいとこ取りして面白いデッキを作れるようにしたいものです( ᵕᴗᵕ )

勿論、Twitter上にも自分よりめちゃくちゃ個性的で参考になるデッキビルダーの方は多いので、研究の参考にさせてもらってます!

皆さんも楽しいドライトロンライフを楽しみましょう₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎!

 

おわりに

 

今回はデッキの草案をつらつら並べる内容となりましたが、いかがでしたか?

ブログというものをやってる以上ネタの収集にアンテナを張り巡らせている中で、制限改訂(リミットレギュレーション)の内容に触れる記事にするか迷ったのですが、正直、感想もそこまで多くは語れない内容だと思いましたので、敢えて今回はノータッチでいきます!

ただ、エクストラパックの新規トゥーン達を初めとしてカオスが環境に再び顔を出すことになりそうなので、日の目を見ることの無かったカードが目立ったり、昔の強いカードが復権したり環境がどのように変わっていくかも楽しみです!

それではまた毎週の更新をお楽しみに( ´ ▽ ` )ノ

 

P.S. ネクロフェイスはきっとレアコレで再録がくると睨んだので売り飛ばしました(´>ω∂`)てへぺろ

f:id:murajunsub:20200919115328p:image

【デッキ紹介】③「彫刻孔雀」編

 

ご挨拶

 

 皆さんどうもこんにちは、パピヨンです!
警戒された台風も去り、気温も穏やかな気候を見るに秋の訪れを感じますね。

風を感じる涼しげな画像貼っときますね(   `ω´)っ…(半分ネタバレ)

f:id:murajunsub:20200912113807j:image

い僕は1年の中でが一番大好きなのですが、はその次に好きです。

理由は自分の代謝が尋常じゃないくらい激しくかなりの汗っかきで、はとにかく汗をかいて洋服を何度も着替えたりと面倒ごとが多いから総体的に寒い季節が好きになってしまいました ⛄

夏のカラカラとした日差しは大好きなんですけどね…太りにくいことは有難いとはいえ発汗体質がにくい…🌻

 

さて遊戯王界隈のお話に戻すと本日デッキビルドパックの最新弾(ジェネシスインパクターズ)が発売されましたね!

f:id:murajunsub:20200912110810j:image

発売前からイビル☆ツインズが圧倒的人気を博していますが、皆さんは組みたいテーマはありましたか?面白いカードもあり、色々なコンボデッキに活かしていきたいですね!

 

僕はドライトロンを使ったデッキを組もうかなと息巻いてます(p*`・ω・´*)qフンス!

 

さて、今回の記事はデッキ紹介です!

自分が初めて組んだ儀式テーマを扱ったデッキを紹介していきます!

まずは儀式テーマに対する個人的な見解から書き綴っていますので、申し訳ないですが、少々お付き合いくださいm(_ _)m

 

儀式テーマについて

 

儀式テーマについては正直、扱いづらいな…という印象がありました。

融合とともに原作初期から存在する召喚方法ではあるものの後々登場するエクシーズ、シンクロ、ペンデュラム、リンクという各召喚方法と比べると、それらと肩を並べるほどサポートが手厚いかと言われると、お世辞にもそうとは言えない部分が多かったですし、無意識に組みにくいというイメージが先行していました。

自分が復帰前にプレイしていた小学生の頃は儀式モンスターといえば《カオス・ソルジャー》をはじめとした、いわゆるバニラモンスターとして登場していたのが特に印象的でしたね〜

f:id:murajunsub:20200911004127j:image

(ところでハングリー・バーガーが戦士族ってみんな知ってるのかな?)

 

テーマとしての認知度で言うなら、影霊衣(ネクロス)や機械天使(サイバーエンジェル)などの様に存在感が強いものがあるものの、やはりデッキとしては安定性を確保するなら汎用儀式サポートなど詰め込んだ専用デッキにするしかないという微妙な使いづらさがあったのではないでしょうか?

 

では、どうしてこんなに使いづらく感じるのか?

それは儀式という召喚方法自体が「儀式魔法」「儀式素材」「儀式モンスター」の3要素が手札か場にいなければならないという絶妙な条件があるからでしょう。

エクシーズ召喚やシンクロ召喚は同じレベルやチューナーと非チューナーの組み合わせで様々なモンスターを召喚できますが、儀式についてはその3要素を確保してようやく儀式召喚を行うことが出来るということから、お世辞にも展開しやすいという内容ではありませんでした。

 

《マンジュゴット》や《儀式の下準備》などの汎用儀式サポート以降で風向きが変わったのは、過去のレギュラーパック「サイバネティック・ホライゾン」に収録された「魔神儀(デビリチャル)」の登場からでしょうか?

f:id:murajunsub:20200907105149j:image

先に述べた3要素のうち儀式モンスターか儀式魔法と魔神儀モンスターがいれば、不足している1要素をサーチできるというものです。

これにより3要素のうち2要素あればというところまで使いづらさは解消されました。

 

f:id:murajunsub:20200907105421p:image

 

さらにそこからレギュラーパック「イグニッション・アサルト」で「メガリス」というテーマが登場しました!

〝儀式魔法を使わない儀式テーマ〟として話題になり、テーマ内のモンスターがそれぞれ儀式魔法の代用になる効果などを持ち合わせていました。

儀式先がメガリスに限定されない効果もあるので、「これは革新的!」と思ったのも束の間…登場した直後では結局メガリスのパーツを手札に揃えないと儀式召喚できず何も始まらず《限定解除》や《大地讃頌》などのカードを利用する必要があったり、儀式魔法を持たないゆえに儀式の下準備などでもサーチが出来ないという微妙な改善点を抱えたテーマになっていました…

 

が!しかし!!!

 

その後《メガリス・フール》と《メガリス・アンフォームド》という2枚の新規カードを得たことで、その悩みは一気に改善されました!!

f:id:murajunsub:20200910093904j:imagef:id:murajunsub:20200910093912j:image

この2枚の登場により〝相手ターン中にデッキから儀式召喚という大きなアドバンテージを得たことでメガリスは儀式テーマの中でも非常に大きな存在感を示すこととなったのです!

元々地力に不安が多かったからか、

「メガリスってこんなに強いんだ!(当社比)」

という快楽に酔い、ここから私のメガリス人生が幕を開けました…

 

 

ガリスは砕けない!

 

f:id:murajunsub:20200911085534j:image

ジョジョは青春…ストーンオーシャンのアニメ化待ってます

 

さて、メガリスについては儀式テーマ内でも革新的なアドバンテージを得たというのはお伝えしましたが、具体的にメガリスの効果を紹介しながら、どんなことが出来るのか?という点をお伝えしていきます!

 

まず、メガリスは儀式モンスターが下級から上級レベルまで全部で7種類います。

下級モンスター(☆4)は効果で自身を含む素材で儀式召喚でき、上級モンスター(☆8)は自身を捨てて儀式召喚を行えるという固有効果に加え、それぞれのやれることを簡単にまとめると、下記の通りになります。

 

《メガリス・フール》☆2

→自分・相手のメインフェイズに手札・デッキから「メガリス」モンスターを儀式召喚

《メガリス・オク》☆4

儀式召喚時に手札交換( 1ドロー1ディスカード) 相手メインに儀式召喚できる

《メガリス・オフィエル》☆4

→同名カード以外の「メガリス」モンスターのサーチ

《メガリス・ハギト》☆4
→「メガリス」魔法・罠カードのサーチ

《メガリス・アラトロン》☆8

→対象を取る相手の効果の発動の無効化と破壊

《メガリス・ファレグ》☆8

→自分モンスター全体の攻守を強化

《メガリス・ベトール》☆8

儀式召喚時に墓地の儀式モンスターの種類まで相手フィールドのカードを対象に取り破壊

《メガリス・アンフォームド》速攻魔法

→手札・場からレベルの倍になるようリリースし手札・デッキから儀式召喚

《メガリス・ポータル》フィールド魔法

→「メガリス」モンスターの特殊召喚に成功したら墓地の儀式モンスターをサルベージ。儀式召喚したモンスターの戦闘破壊耐性(一度のみ)を付与

《メガリス・エマージョン》永続罠

→墓地の「メガリス」モンスターを蘇生

《メガリス・プロモーション》永続罠

→レベル4以下の自陣のモンスターを対象にレベルを倍にする

f:id:murajunsub:20200912121708p:image

以上から、サーチ・蘇生・墓地からのサルベージでリソースを確保して毎ターン儀式召喚を繰り返し行い、儀式召喚成功時の効果で相手の場を破壊したり、墓地に儀式モンスターを肥やして打点を上げて相手を倒すというのが基本的なメガリスの戦術になります。

 

ガリスは下級モンスターの儀式先がメガリスに限定されてない点を活かして他儀式テーマとの共存が出来ることも大きな特徴です。

打点を上げることが出来る点相手ターンに儀式召喚できるという点を利用して、儀式召喚成功時に何かしら妨害効果を発動するものや、打点に不安のあるものを補強することができます。

 

そういった中で研究したときに真っ先に上がってくる最強の相方候補達がこちら。。

 

相性の良いカード

 

《ブルーアイズ・カオスMAXドラゴン》

f:id:murajunsub:20200911004640j:image

ふつくしい……

言わずと知れた最強の儀式モンスターと言っても過言ではない1枚!

出せばほとんどゲームエンドに持っていけるカードの1つで圧倒的パワーで場を蹂躙しているイメージしかありません…儀式テーマの切り札といっても良いでしょう(`✧ω✧´)

ガリスと組み合わせて使うことで、戦闘破壊も毎ターン1度耐えれるようになる他、素でも高い4000打点を軽率に6000オーバーまで上昇させ貫通の倍ダメージで何もかも吹き飛ばしてしまいそうですね…怖い怖い()

 

《マジシャン・オブ・ブラックカオスMAX》

f:id:murajunsub:20200910094518j:image

偉大なる原作者カズキング様による書き下ろしイラストとド派手な名前は印象に残っている方も多いのではないでしょうか?

(カオスMAXって聞くと↑の青眼が想像されがちで絶対こっちだと思わない説を提唱したい)

月に代わってお仕置してきそうな(〇ーラームーン的な)雰囲気を醸し出していますが、某美少女戦士の様な可愛さは皆無です。その恐るべき効果は特殊召喚成功した場合にそのターンの相手のモンスター効果の発動を出来なくする戦闘破壊すると墓地の魔法カードを回収できる、というあまりにも強力なもの…

2800という打点が不安要素でしたが、これをメガリスと共存させると、打点は勿論ですが儀式召喚のタイミングまでも見事にカバーすることが出来ます。相手ターンに儀式召喚してモンスター効果を発動出来なくさせれば相手の動きを大きく制限できるでしょう。

今回紹介するデッキでも神のステータスを超える4000以上の打点で場に降臨することも珍しくありません。

まさにいい事づくめの噛み合い方をしています。カッコイイからという理由でたくさん買ってて良かった…

 

さてメガリスのプレゼンも終わったので、ようやくデッキの内容に入りますね(遅

 

デッキの概要

 

前置きがいつも以上に長くなってしまいましたが、ここからデッキの内容の紹介です!

まずはデッキレシピの画像をどうぞ!

f:id:murajunsub:20200912092532j:image

先述したように、メガリスは他テーマとも共存できることをお伝えしましたが、今回僕が選んだメガリスのパートナーは〝スピリット〟です!

 

八岐大蛇や八咫烏伊弉諾伊邪那美など日本神話の神々や妖怪(?)をイメージしたモンスター達が多く、その大きな特徴は召喚したターンの終了時に手札に戻るという斬新なカードデザインでした!

 

今回スピリットを選んだ理由としては、使いたいと思っていたカードに起因します。

それが、この2枚です!

《霊魂鳥神-彦孔雀》《霊魂鳥神-姫孔雀》

f:id:murajunsub:20200911005341j:imagef:id:murajunsub:20200911005316j:image

この2枚は10000種ある遊戯王カードの中で唯一の儀式スピリットモンスターなのです!

すなわち儀式召喚したターンの終わりには手札へ定時退社します(その際にブログのトップに貼った霊魂鳥トークンを生成)

上記のトークン生成&手札に戻る効果以上に特徴的なのは儀式召喚成功時の除去性能です!

 

彦孔雀は相手の場のモンスターを、姫孔雀は相手の場の魔法罠を3枚まで選んでバウンスできるという昨今の対象に取られないモンスターという強固な耐性もなんのその、軽々と吹き飛ばすことが出来るのです!

f:id:murajunsub:20200911100129j:image

選んで破壊も十分に強いのですが、効果で破壊されないモンスターも最近多いと感じます、なので個人的には選んでバウンスの方が除去性能としては有効な範囲が広いかなと考えています。

 

では、その除去性能を相手ターンも含んで毎ターン発動出来たらどうでしょう?

モンスターを出したり魔法罠をセットしたターン中にそれらを全て手札やデッキに戻されるとなるとかなり厄介だと思います、それを可能にするのがメガリスのギミックです!

 

相手ターン中に《メガリス・オク》の効果を利用して手札の彦孔雀・姫孔雀を儀式召喚し、モンスター・魔法罠を除去。そしてそのエンドフェイズにはトークンを生成してまた手札に帰ってくる。そして迎える自分のターン、自分の場には次の儀式に利用できるトークンがいる…

 

f:id:murajunsub:20200911091651j:image

ガリスには《メガリス・エマージョン》という毎ターン墓地のメガリスを蘇生できる永続罠があるので、トークンと蘇生したオクを利用して手札に戻った孔雀達を文字通り毎ターン儀式召喚出来るのです!

 

このデッキは毎ターン儀式召喚することで延々と相手の盤面を崩すというコンセプトで構成しています。

 

それではデッキ内に採用しているカードの説明を簡単にまとめます!

 

メインデッキ内はメガリス関連以外だと召喚権があまりがちになることも加味して、彦孔雀や姫孔雀を安定的に手札に加えるためのサーチ効果を持つ《荒魂》とスピリットの召喚権を増やす《和魂》のセットと、トークンなども含め自分の場にモンスターが多く出るので召喚条件が緩く(モンスター3体リリース)制圧効果の強い《D-HERO Bloo-D》とそのサーチを可能にする《V-HEROヴァイオン》と《E・HERO-シャドーミスト》の出張セット、デッキを回すための《儀式の下準備》や《トレード・イン》というシンプルな構成になっています。

※浪漫枠で何枚かえげつないの入れてます、御容赦くださいm(_ _)m

f:id:murajunsub:20200912074613j:image

こんなかっこよくて強くてモンスター出すのにトークン含めていいのか???

と不安になってしまうほど使えば強さを再認識できるカードです。「究極のD」と言われるのも納得ですね!この子に場のモンスター効果を封じてもらって、魔法罠は邪神ちゃんに止めてもらうとしましょうかね!!()

f:id:murajunsub:20200912111436j:image

 

そしてリソース確保は《一撃必殺 居合ドロー》と《貪欲な壺》《マジシャン・オブ・ブラックカオスMAX》の3枚でまかないます。

 

エクストラに関しては、打点を上げることで効果の発動を補助することが出来るモンスター

中心に採用しています。

リンク

→《ファイア・フェニックス@イグニスター》のバーン効果や《デコード・トーカー・ヒートソウル》のドロー効果を利用したいのでそれぞれの召喚条件となるサイバース族中心の構成。

召喚条件が緩く属性がばらけるように配慮してます!

エクシーズ

デッキ内のレベル群を見てもランク4かランク8がたてやすいので、自陣にも耐性を付与するための《輝光竜フォトン・ブラストドラゴン》や《宵星の機神ディンギルス》相手のモンスターを無力化したい時の《No.41 泥酔魔獣バグースカ》(相手を守備にしたら即座に《旋壊のヴェスペネイト》に重ねて貫通ダメージを狙います)、《No.27 弩級戦艦-ドレッドノイド》の効果経由でエクシーズ召喚できる《超量機神王グレート・マグナス》《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》

 

エクストラを見てもわかるように、オフェンス面に特化させてる節があります。

泥門デビルバッツかよ…(通じて欲しい)

f:id:murajunsub:20200912080355j:image

 

あとはギミック的なお話をすると《和魂》にはスピリットの召喚権を増やす効果に加えて、墓地に送られた時に場にスピリットモンスターがいれば1枚ドローするという効果があるのですが、このドロー効果は名称指定ターン1などの縛りもないので、ドローソースとしても働いてくれます!

《和魂》召喚後に増やした召喚権を利用し《荒魂》を召喚、《荒魂》効果でスピリットをサーチし《和魂》を《転生炎獣アルミラージ》のリンク素材として墓地に送るという流れで着実に手札を増やすことができます。

《ユニオン・キャリアー》で装備した後でも墓地に落とせるので、なかなかに便利です

 

あとは浪漫枠で《火之迦具土入れてるくらいですかね?

f:id:murajunsub:20200911093835j:image

孔雀達のバウンス効果で手札に戻った相手のカードを全て燃やし尽くす(比喩)効果は決めれば爽快でしょう(悪い顔)

 

HEROのパーツなど抜けば40枚近くに収めることは出来ますが、今回はやりたいことや使いたいカードを重視してるので悪しからず(੭;´ ꒫`)੭

以上が大まかなデッキの説明になります!

 

自由度の高さ

 

ガリスを中心に長く…本当に長く語ってしまいましたが、儀式テーマとしての斬新さ以上に他テーマと共存させやすい点、すなわち自由度の高さを特にお伝えしたいと考え今回のデッキ紹介という形で記事にしました!

あくまで個人の見解になりますが、レベル4とレベル8が存在する、もしくはその数が多いテーマであればかなり相性が良いと思われます!

自分にとってメガリスは最早「儀式テーマ」としてではなく打点を底上げしたりデッキの潤滑油になる補強パーツとして見ています。

皆さんも取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

おわりに

 

遊戯王には儀式融合シンクロ、エクシーズ、ペンデュラムと様々な召喚方法が存在しています。「召喚獣」のように融合に特化したテーマもあれば、「オッドアイズ」のように様々な召喚方法を操るテーマもありますよね( ᵕᴗᵕ )

 

召喚方法を絞ればその分シナジーは生まれやすくなりますが、必ずしもひとつの召喚方法に限られる訳では無いので、「今作ってるのはエクシーズテーマのデッキだから」と考えたとしてもコンボややりたいことの実践のための構築の手助けになるヒントはどこか別の召喚方法のテーマの中にあるかもしれません。

このブログを訪れ、デッキビルドに勤しむ方の内の1人にとってでも刺激や新たな発見になれば幸いです。

f:id:murajunsub:20200911101114j:imagef:id:murajunsub:20200912082520j:image

ちなみにデッキ名は使ってるモンスターの名前などから( 孔雀 + メガリス=彫刻? )ほぼそのまま名付けました。

ただ、今思えばメガリスはGANTZイタリア編の敵のイメージもありますし黒い玉(邪神アバター)もサイドデッキにいますのでデッキ名は「GANTZ」とかでも良かったかもしれないですね(笑)

f:id:murajunsub:20201106115900j:plain

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントやリプなどで感想いただけるととても嬉しいです!それではまた次回をお楽しみに( *ˊᵕˋ)ノ

 

P.S.  

f:id:murajunsub:20200912122158j:image

昨日(9/11)放送のバキューン決闘さんの「構築に効く理屈#31」にて紹介した内容とは別のデッキを投稿しましたが、まさかのルールミスで皆さんの貴重なお時間を奪ってしまったことをここに陳謝いたします。。。。

正直復帰してから特にルールミスには注意していましたが、初めての失態でお恥ずかしい限りです(´∩ω∩`)

今までで普段見てるつもりで気づけない点もあるので、皆さんもお気をつけて…

https://youtu.be/0pF3Qdvv4S0