駄犬のお遊戯

駄犬のお遊戯

このブログでは遊戯王を心の底から楽しむ駄犬ことパピヨンがコンボの考案やデッキの紹介、雑談等を中心につらつらと語っていくブログです!

【ライターバトル3on3】君の名は(暴君)

 

ご挨拶

 

皆さんこんにちは!

先日ようやく入籍し晴れて妻帯者となりましたパピヨンです🐶!!

 

みなさんのいいねやお祝いの言葉の数々、本当に嬉しかったです!

幸せです!ありがとうございます(˘•̥ω•̥˘)

 

 

さて新婚ホヤホヤの今回は普段のデッキ紹介でなく、『ライターバトル3on3』という企画の記事をあげました!

 

 

ライターバトル3on3について

さて、今回はタイトルにもある通り【ライターバトル3on3】という企画の記事でございます!

 

f:id:murajunsub:20210305100609j:image

 

詳細は下記のリンクからご覧くださいませ!!

…と思っていましたが日程的にも終盤の投稿になるので、皆さんはすでにご存じかもしれませんね(*‘ω‘ *)

 

ygo-blognavi.com

 

 今回の企画は大まかにまとめると、

 

①チーム戦である

②ランダムに選ばれたカードについての記事

ブログナビ内のいいねで勝敗が決定!(※重要)

 という内容になります!

 

 

f:id:murajunsub:20210305100623j:image

 

各チームなだたるブロガーの諸先輩方に交じって私はチーム・イノセントの3番手としての投稿になります!

お二方の記事へのリンクも下記から確認できますので、どうぞよしなに🙏

評価しわすれている際はブログナビ内でのいいねを宜しくお願い致します!

 

f:id:murajunsub:20210306012358j:image

 

⚫イノセントさんの記事はこちら

 

ygo-blognavi.com

 

⚫バランさんの記事はこちら

 

ygo-blognavi.com

 

おふたりとも素敵な記事なので、必然的にプレッシャーがのしかかります…

 

ほんまずるいですわ・・・

…嘘です💦

私の個人的な都合で執筆期間に猶予をいただきました!

お二人ともお忙しいだろうに優しく接していただき、有難すぎて申し訳ないです(´;ω;`)

 

では早速、今回私の取り扱うカードについてお話していきます!

 

 

《暴君の暴言》について

 

今回、私が取り扱うのがこのカード!

 f:id:murajunsub:20210305094724j:image

《暴君の暴言》です

 

遊戯王を長年プレイしている方々にとっては「見たことあるかも…」くらいに思われるかもしれませんが、マイナーというにはいささか存在感だけはある絶妙なカードだと思っています。

 

私自身もカードショップ等でデッキの創作意欲を掻き立てるためにストレージコーナーを物色することが多いのですが、その中でも何度か目にしたことがあります。

 

さて、その気になる効果はと言いますと・・・

 

「自分の場のモンスター2体をリリースして発動する。このカードがフィールド上に存在する限りお互いに手札・フィールド上の効果モンスターの効果を発動できない。

 

ふむふむ…

ざっくりまとめると発動の時にモンスター2体のリリースが必要で場のモンスター効果発動と手札誘発を封じるわけね(*ˊωˋ*)……

 

 

「強くない???」

 

 

この手のカードはてっきり条件が厳しくて効果の適用範囲も狭いカードだと誤認していましたが、永続罠カードという点を含めても十分デッキに活用できそうな予感がします!

 

そう、例えば…

 

《王の舞台》を発動し《暴君の暴言》を伏せている状態から…いざ相手ターンを迎えると

 

《王の舞台》の効果でデッキから《王の影ロプトル》特殊召喚ジェネレイド・トークを4体生成→トークンを2体リリースして《暴君の暴言》発動→お互いに手札・場のモンスター効果の発動を封じるという青写真が描けます!

 

《王の影ロプトル》の永続効果でトークンの打点も2500まで上昇しているので、モンスター効果の発動なしに突破するには少し難しい盤面になるのではないでしょうか?

 

ただこれだと、いざ自分のターンに切り替わった際に自身の展開も阻害していく形になるので、あとは《黄金卿エルドリッチ》《覚醒の三幻魔》《暴君の暴言》を墓地に送っては手札に回収しぐるぐると再利用することで相手のターンだけ手札誘発と場のモンスター効果を使えなくするというループも起こせなくもない…

 

あれ?デッキ出来たか???

 

 

                     

(終)

 

 

暴君シリーズという存在について

 

…と、カードの説明自体はここで終了となってしまうのですが、それでは味気ないのでもっとこのカードやイラスト内の情報を追究していきましょう🤴

 

実はこのカードのイラスト内に存在している 暴君(王様)ですが、別のカードイラストにも度々登場していることを皆さんご存知でしょうか?

 

今回はせっかくなのでその全てのカードに触れつつ、イラストからくみ取れる範囲で大まかな展開を推理してみようという記事になります!

 

というわけで、まずはイラスト内に暴君の存在を確認できるカードを紹介していきます!

 

①《裸の王様》

f:id:murajunsub:20210306173505j:image

 

~ 空白の9年間 ~

 

②《暴君の威圧》

f:id:murajunsub:20210306173520j:image

③《暴君の暴言》

f:id:murajunsub:20210306173529j:image

④《暴君の暴力》 

f:id:murajunsub:20210306173536j:image

⑤《暴君の暴飲暴食》

f:id:murajunsub:20210306173543j:image

⑥《油断大敵》

f:id:murajunsub:20210306173546j:image

⑦《暴君の自暴自棄》

f:id:murajunsub:20210306173557j:image

⑧《大革命返し》

f:id:murajunsub:20210306173601j:image

⑨《倍返し》

f:id:murajunsub:20210306173610j:image

⑩《手のひら返し》

f:id:murajunsub:20210306173614j:image

⑪《しっぺ返し》

f:id:murajunsub:20210306173624j:image

 

意外と多い…

 

しかも「暴君」以外の名前で登場しているのでめちゃくちゃ厄介でした💦
遊戯王Wiki様がいないと死んでいた…感謝しかない…(*˘˘*)

(でも、こんな所まで纏めてて若干恐ろしさすら感じた)

f:id:murajunsub:20210307125356j:image

 

 

暴君の半生振り返り

 

さてさて、それはで1枚ずつのイラストを見てストーリーを推察していきます。

※あくまで個人的な解釈で真偽を問うものではありませんので、ご了承くださいませ。

 

 

f:id:murajunsub:20210306174231j:image

 

王国の民を虐げ、悠々自適な生活を送っていた王様は贅沢三昧の毎日。
ファッションにもうつつを抜かし、仕立て屋を装った詐欺師の口車にまんまと乗せられ「裸に見える服…なるほど!」とエンジン全開の解釈違いで堂々と闊歩しています。

自身が裸でも一切疑問に思わないくらい判断力に欠けていたのか、とにもかくにも何物にも邪魔されない王様ライフを楽しんでいたことでしょう。

 

高い地位にあって周囲からの批判や反対を受け入れないために、真実が見えなくなるという童話の「裸の王様」をそのまま表現しているようですね。

 

②③④


f:id:murajunsub:20210306174409j:image

f:id:murajunsub:20210306174400j:image

f:id:murajunsub:20210306174405j:image

 

そして、件の裸騒動から9年の月日がたち、国家の領土拡大の役割を担う戦士たちが帰還します。しかし戦果を耳にした王は兵士たちを労うどころか、態度を一変。

度重なる威圧行為、暴言、暴力 などで《戦士ラーズ》《切り込み隊長》をはじめとする兵士たちの士気をどん底に叩き落します。

 

⑤⑥


f:id:murajunsub:20210306174431j:image

f:id:murajunsub:20210306174434j:image

 

しかし、戦士たちを叱責したからといって戦果が変わるわけでもなく、苛立ちはそのまま王の食卓にも持ち込まれてしまいます。

せめて一人でいるティータイムくらいは少しでも気が紛れるのでしょう。実に穏やかな表情で茶をすすっています。

 

「王様!うしろ~!!!!」

 

⑦ 

f:id:murajunsub:20210306174444j:image

 

優雅なティータイム中に忍び込んだ曲者に気付くわけもなく、王の所有する壺が次々と割られていくのでした。こうなってしまっては王様ももう怒りを通り越して落胆です。

戦には勝てぬ。宝はめちゃくちゃにされるで王のメンタルは既に崩壊寸前…

何がしたいやら、わからぬまま自暴自棄になってしまいます。

 

f:id:murajunsub:20210306174455j:image

そんな王に見切りをつけ、民衆は革命を決起!
しかし、そんな革命を王様は阻止!

「伊達や酔狂で王をやっているわけではないわ!」と言わんばかりのファインプレー!

計画がどこから漏れたのか、革命も失敗に終わります。これには王もしてやったり。

革命失敗に慌てる民衆を見ながら、優雅にティータイムを堪能。

 

煽り性能すさまじいな・・・

 

⑨⑩⑪


f:id:murajunsub:20210306174520j:image

f:id:murajunsub:20210306174529j:image

f:id:murajunsub:20210306174524j:image

 

 だが、最後に正義は勝つ!!!

 

失敗に終わった革命後、民衆は王にひれ伏すどころか不満を再燃&爆発!
頼みの宮廷の味方にも裏切られ、王は王宮から追放されるのでした。

頼りにする人望を持ち合わせていいるわけもなく、王は民衆からのしっぺ返しを食らう形になるところでこの暴君シリーズ(仮)は終わっています。(2021年3月5日現在)

 

 

 

暴君とはいったい誰なのか?

 

以上から導き出される結論として、遊戯王OCGにおける暴君の存在はさながら童話のように「悪いことをしたら返ってくる」「信賞必罰」を決闘者に伝えるための道徳履修プログラムの一環だった可能性もあります!!!

対象年齢も主に年齢層の低い子供を対象にしているので『ルールを守って楽しくデュエルというキャッチフレーズだけでなくカードのイラストからもそれを伝えているのでは、と感じました。

 

もしかしたら「暴君」というのは、遊戯王における横暴なプレイヤーの末路。

すなわち…

 

私たちが道を間違えた先になり得る可能性の一つであるのかもしれませんね

 

余談ですが今回の「暴君」についてもそうですが、遊戯王では既存のカードだけでなく新規モンスターも別カードにイラストで先立って登場するケースが多々見受けられます!

 

(例)

《超量機神剣ーマグナスレイヤー》内の《超量機獣ラスターレックス》の存在・・・《超量士ホワイトレイヤー》が登場する前の段階でしれっと写り込んでいました。これぞ約束された新規ですね!


f:id:murajunsub:20210306011453j:image

f:id:murajunsub:20210306011456j:image

 

《竜輝巧ーファフニール内の《竜輝巧ーファフμβ'》・・・最近だとこちらもそうですね!フィールド魔法ということでしたが、よくよく見たら「お前モンスターやないかい」と気付かされましたね!完全に一致!


f:id:murajunsub:20210306011856j:image

f:id:murajunsub:20210306011852j:image

 

 

なので、もしかしたら今後イラスト内にとどまらず「暴君」がモンスターカードとして君臨する可能性もあるかもしれませんね!

効果を推測するなら戦士族のサポートか、はたまた「~返し」「暴君の~」カードの発動を手助けするといったところでしょうか?

 

 

いや、バニラでええわ。あんなやつ。

 

f:id:murajunsub:20210306175330j:image

 

今回の企画や他の方の記事を通じて、遊戯王の色んな楽しみ方が見つかったような気がしています☺

 

最後に目の保養に私の一番大好きな暴君をご紹介します!

f:id:murajunsub:20210306025707j:image

 

可愛すぎて謝謝 (๑ ᴖ ᴑ ᴖ ๑)

 

 

まとめ

 

今回の企画は数多あるカードの中からランダムに指定されたものを選んで記事にするという面白い試みでした!

正直ネタにしやすいカードがあって助かりました(、´▿`)、←

 

 

今回の記事が面白いと思ったらGOODボタn……ではなく

ブログナビ内でのいいねをよろしくお願いします🙇(大事なことなので繰り返しお伝えします)

 

僕の記事だけではなく、多くの方が参加されており、各自あらゆる視点からカードを取り扱っておりとても楽しい企画となっています!

ぜひぜひお時間の都合が良い時に皆さんの記事を読んでもらえると幸いです🤗

 

f:id:murajunsub:20210306025550j:image

それではまたの機会に!👋

雑サムネですみませんm(・ω・m)